So-net無料ブログ作成

ゆず きゃりー チャット テレ朝フェス初日 セトリ 画像 [音楽]

スポンサーリンク




news_thumb_TEP_6271rs.jpg




テレビ朝日が主催するライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2012」の初日公演が、10月6日に東京・国立代々木競技場第一体育館とSHIBUYA-AXにて行われた。

昨年に続き2回目となった今回は、会場を2カ所に増やして開催。初日の代々木第一体育館にはゆず、きゃりーぱみゅぱみゅ、テゴマス、チャットモンチー、Superfly、ケツメイシが出演した。

トップバッターとして登場したゆずのステージは「虹」からスタート。北川悠仁と岩沢厚治の美しいハーモニーが会場中に響き渡り、オーディエンスの心を一気に惹きつける。その後も「シシカバブー」「さよならバス」、さらに最新シングル「また明日」など、幅広い年代のヒット曲を続々と披露。北川は初めてゆずのライブを観る観客たちに「どうですか、ゆず楽しいでしょ?(笑)」と呼びかけ、会場をさらに盛り上げる。「夏色」では北川の煽りに応えて、オーディエンスが一斉に手拍子やジャンプをして全身で彼らのサウンドを堪能。最後は「with you」で締めくくられた。




news_thumb_middle_TKP_1629rs.jpg

2番手を務めたのはきゃりーぱみゅぱみゅ。ダンサーを従え、「ぱみゅぱみゅレボリューション」に乗せてカラフルな衣装で登場した彼女はまず初めに「きゃりーANAN」を披露する。キュートでポップなパフォーマンスに魅せられ、オーディエンスもきゃりーと同じ振り付けで踊っていた。中盤では「スペシャルゲストをお呼びします!」と紹介し、テレビ朝日の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、野原しんのすけを呼び込む。ここで彼女が10月から「クレヨンしんちゃん」の主題歌を担当することを発表し、しんちゃんと共にその主題歌「キミに100パーセント」を披露。会場を大いに沸かせた。





続くテゴマスのライブは2人のアカペラから始まる「ミソスープ」で幕開け。手越祐也と増田貴久の爽やかな歌声に、会場からは大歓声が沸き起こる。「初めて観る人も楽しんでくれてますか?」とオーディエンスを煽りながら、「ぼくらの空」「魔法のメロディ」と、柔らかなハーモニーを響かせていく。MCでは「僕たちNEWSというグループにも所属しているんですけど」「いろいろあった、あのグループですね?(笑)」「名前のとおり皆さんにニュースを配信し続けてるグループです!(笑)」といったやり取りで爆笑させつつ、バラードナンバー「夜は星をながめておくれ」や華やかなアッパーチューン「HIGHWAY」など、幅広い楽曲でオーディエンスを魅了。最後はカバー曲「青いベンチ」を披露した。



news_thumb_middle_TEP_7554rs.jpg

昨年の「ドリームフェスティバル」にて、3人体制での東京ラストライブを行ったチャットモンチーは2年連続の登場。橋本絵莉子、福岡晃子の2人のステージは「ハテナ」そして「きらきらひかれ」から始まった。スピード感に溢れる2人のサウンドが会場を揺らしていく。痛快なアンサンブルを聴かせる一方、福岡はMCで「ペンライト使ってくれてもいいんですよ? 私たち、あんまりそういうの見ないんで(笑)」と、会場に集まったさまざまなアーティストのファンに呼びかけて和ませた。その後は「Yes or No or Love」「染まるよ」「恋愛スピリッツ」といったナンバーを、2人がドラム、ベース、キーボードとパートをチェンジしながら演奏。チャットモンチーならではのパフォーマンスで集まった観客を驚かせていた。




news_thumb_middle_TEP_7798trrs.jpg
Superflyの1曲目は、テレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の主題歌「Force」。越智志帆の圧巻のボーカルが会場に響き渡ると、オーディエンスの熱気も急上昇する。続く「Wildflower」「愛をこめて花束を」では伸びやかで美しい歌声を聴かせ、観客もうっとりと聴き入っていた。そんな彼女はMCで「今日は最高に楽しいライブをしたいと思います!」と宣言し、後半戦を一気にアッパーな楽曲で攻め立てていく。「タマシイレボリューション」では観客とのコール&レスポンスで一体感を高め、盛り上がりも最高潮に。最後は「お客さんがあったかいのでのびのびと歌えてます。次の曲は感謝の気持ちを込めて歌います」と語り、「輝く月のように」で締めくくった。



news_thumb_middle_TEP_8175rs.jpg

トリを飾ったケツメイシのステージは、RYOJIの「働き者の皆さん、今日はお祭り騒ぎですよ!」という言葉から始まった「闘え! サラリーマン」で幕を開けた。彼の言葉に合わせ、オーディエンスは一斉にタオルを振り回して4人のサウンドを楽しむ。「君にBUMP」では心地良いリズムに合わせた手拍子が響く。その後は「桜のシーズンじゃないと思うでしょ? どこよりも早く2013年の桜を咲かせませんか?」というRYOJIの紹介で「さくら」へ。MCではRYOが「我々のライブは3回観ると天上界に上がれる仕組みになってますので。これに懲りずぜひまたお越しください(笑)」と笑わせ、初見の観客の心も掴んでいった。後半には11月14日にリリースするシングルの収録曲「guruguru」を、女性ダンサーたちとともに初披露。最後の「ボラーレ」「カーニバル」ではサンバダンサーが加わり、“お祭り騒ぎ”を華々しく飾った。

また、同日のSHIBUYA-AX会場にはBase Ball Bear、OKAMOTO'S、SPECIAL OTHERS、サンボマスター、ねごとが出演。それぞれ熱いステージを繰り広げた。

テレビ朝日ドリームフェスティバル2012
2012年10月6日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

ゆず

01. 虹
02. シシカバブー
03. サヨナラバス
04. また明日
05. 栄光の架橋
06. 夏色
07. with you

きゃりーぱみゅぱみゅ

01. ぱみゅぱみゅレボリューション
02. きゃりーANAN
03. CANDY CANDY
04. みんなのうた
05. キミに100パーセント
06. ファッションモンスター07. PON PON PON
08. つけまつける

テゴマス

01. ミソスープ
02. ぼくらの空
03. 魔法のメロディ
04. 夜は星をながめておくれ
05. チーター ゴリラ オランウータン
06. HIGHWAY
07. 青いベンチ

チャットモンチー

01. ハテナ
02. きらきらひかれ
03. コンビニエンスハネムーン
04. Yes or No or Love
05. 染まるよ
06. 満月に吠えろ
07. 東京ハチミツオーケストラ
08. 恋愛スピリッツ

Superfly

01. Force
02. Wildflower
03. 愛をこめて花束を
04. Free Planet
05. Alright!!
06. タマシイレボリューション
07. 輝く月のように

ケツメイシ

01. 闘え! サラリーマン
02. 君にBUMP
03. さくら
04. 仲間
05. バラード
06. guruguru
07. LOVE LOVE Summer
08. ボラーレ ~Nel Blu, Dipinto Di Blu
09. カーニバル


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
香水 TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。