So-net無料ブログ作成

ポルノ 和義 サカナ 星野、flumpool テレ朝フェス せとり 画像 [音楽]

スポンサーリンク




テレビ朝日主催のライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2012」の最終公演が、10月8日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。

3日目を盛り上げたのはflumpool、凛として時雨、星野源、サカナクション、斉藤和義、ポルノグラフィティの6組。この日はflumpoolのステージから幕を開けた。



news_thumb_flumpool_01.jpg

満員のオーディエンスの前に現れたflumpoolの4人は、ロックテイスト全開の「覚醒アイデンティティ」「Because...I am」や、爽やかな「君に届け」を熱演し、フレッシュなパフォーマンスで満員のオーディエンスを魅了する。山村隆太(Vo, G)は大舞台に緊張しながら、「夢に出てきそうな、夢よりも楽しい時間を作りたいと思います」と意気込んでいた。



news_thumb_shigure_01.jpg

2番手を務めた凛として時雨は、昨年12月のツアー「凛として時雨TOUR2011 “αβ+1”」以来となるステージ。TK(Vo, G)の挨拶代わりの轟音ギターを口火に「想像のSecurity」からライブをスタートさせ、刺激的なレーザー演出を交えながらキラーチューンを連発していく。中盤ではTKが「初めまして、凛として時雨です。新曲やります」と穏やかに挨拶し、新曲「abnormalize」を初披露するうれしいサプライズもあった。



news_thumb_hoshinogen_03.jpg

続く星野源はマイペースな歌とトークで、リラックスしたムードを作り出す。「今日は暗い歌をいっぱいやるよ!」とうそぶきつつ、伊賀航(B)や伊藤大地(Dr / SAKEROCK)といった旧知のバンドメンバーとともに「くせのうた」「くだらないの中に」など心にしみるナンバーを次々と届け、観客を優しい気持ちにする。「俺唯一の明るい曲!」という紹介から始まった「夢の外へ」では自然と手拍子が起き、朗らかな空気が広い会場を包み込んだ。そしてサカナクションは「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」を皮切りに、「アイデンティティ」「アルクアラウンド」などダンサブルなナンバーをノンストップで投下する。5人揃ってステージの中央でラップトップを前にパフォーマンスをする「僕と花(sakanaction Remix)」もセットリストに組み込み、エンタテインメント性の高いステージでオーディエンスを圧倒した。




news_thumb_saitokazuyoshi_01.jpg

「どもども、よろしくお願いしまーす」とのんびりした挨拶で観客の前に姿に表した斉藤和義は、「歩いて帰ろう」「ずっと好きだった」「歌うたいのバラッド」など新旧のヒット曲で会場の心を掌握。「今日を楽しみにしすぎて、髪が白くなっちゃいました」と金髪にした頭を指し笑いを誘い、自らもカメオ出演した東京メトロのCMソング「メトロに乗って」などを情感たっぷりに歌い上げる。最後は大ヒット曲「やさしくなりたい」で締めくくった。


news_thumb_pornograffitti_01.jpg

大トリのポルノグラフィティは、岡野昭仁(Vo)の「わしらで最後ですが、お祭り騒ぎしますか? てんこもりでいきたいと思いますんで!」という言葉から全10曲を熱演するサービス精神満点のステージを展開。「ハネウマライダー」「メリッサ」「アポロ」などではイントロで大きな歓声が沸き起こり、ド派手な演出とともに熱狂的な空間が作り上げられる。そしてメンバー曰く「変な踊り」が必須の「ミュージック・アワー」でオーディエンスをひとつにまとめあげ、さらにアンコールでは「アゲハ蝶」を熱演。観客は昭仁の「良い夢みたかい?」という言葉に同意するように頷き、フェスの余韻を噛み締めながら会場をあとにしていた。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
香水 TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。